冬の山 マザー 酸熱トリートメント育毛 酸熱トリートメント 本 植物 山

2020年01月30日

カラーの事🌈

ここ近年で、カラー剤の進歩はすごいですね。 外国人風、グレージュ、ミルクティーなどなど、まさに言葉の通りの色味を 再現できるようになりました。 👩‍🦳ただ、一度の工程での表現ではなく、ブリーチが必要になる色味がほとんどになります。 🤔ブリーチ=ダメージは過去のイメージになりました。その陰には、トリートメント剤の格段の進歩が支えています。🎉(もちろん、ホームケアも重要になりますし、全く0ではありません) 私の記憶だと、20年くらい前にもベージュ系の色味(ブリーチ)が流行り、そのあとしばらくは、黒髪が主流で、そしてここ5~6年でビビットなカラーをポイントで入れるスタイルが流行り始めたと思います。 
サロンでカウンセリングの時によく見られるカラーチャート。 どんな感じでみていけばいいのか少し説明させて頂きます。 メーカーによっても表記に違いがありますし、同一メーカーでも薬のラインでも違いがあります。
IMG_2904

(グレーカラー(白髪) 上
IMG_2890

ファッショカラー) 
左の数字がいっしょでも色が違うのがわかりますか?😵
洋服と同じ感じですかね? メーカーでサイズ表記に違いがあるように、国内、海外ブランドでも違うように。 
IMG_2895

明度表です。これもメーカーで少し違います。 この明度に色味が乗ります。 
IMG_2897

ベースの黒髪、白髪に13の色味を載せるとこうなると言うことです。
IMG_2892
IMG_2893
色味でこれだけ差があります。
FullSizeRender

 例えば右の色にしたいときは、地毛を白くなるまでブリーチ(3回)個人差もありますが、 してから、13で染めるわけです。(あくまでもチャートは参考まで、全く同じにはなりませんのでご了承ください。) また色のもちも、ブリーチを繰り返せば繰り返すほど、悪くなります。(ブリーチを3回なら2週間程度) そのためにホームケアでカラートリートメント・カラーシャンプーがあります。
IMG_2899
IMG_2898

IMG_2903
この雑誌から写真をお借りしました。

 出来れば、そのあたりもご理解頂き、退色も楽しんでみてください。 まだまだ進歩していきます、楽しみです。✨


serenite0601 at 13:36│Comments(0)セレニーテ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬の山 マザー 酸熱トリートメント育毛 酸熱トリートメント 本 植物 山